病院長ごあいさつ

新潟県厚生連けいなん総合病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。

当院は名峰妙高山を仰ぐ山紫水明の地である頸城平野の南部に位置し、妙高市全域と上越市の南部の地域の方々の健康をお預かりしています。

そもそも当院は太平洋戦争の足音の忍び寄る昭和13年、頸南地区に病院をという地元の皆さんの強い願いと御支援が結実し、いわば医療組合の形で発足しました。その後変遷をへて新潟県厚生連の一員となって今日に至っておりますが、その設立の精神は受け継がれ、地域にねざした市民病院としての役割を果たしてまいりました。子供たちがのびのび育ち、若い夫婦が安心して子供を産み育て、働き盛りの時には家族の為に思い切り働き、そして心穏やかに人生の秋を迎えることができる、そんな妙高地域を医療の側面から支えるのが私たちけいなん総合病院の役目です。

具体的には、高度急性期病院と連携しながら、地域での成人・高齢者の中等度までの急性期疾患、小児科医療、休日・夜間の救急診療、ドック・検診をおもに行っています。今後はこれまでの業務に加え、地域包括ケアシステムの一員として、急性期を脱した患者さんの回復期医療、リハビリテーションおよび、疾病予防の啓発活動にも力を注ぐ予定です。医療は患者さんを中心として、御家族、病院のスタッフ、そして福祉関係者など多くの方々のチームワークの良さがその成果を左右します。当院は小さい病院のメリットを生かしチームワークを大切にし、患者さんに寄り添う心のこもった医療を心がけてまいります。

私どもは医療人として未熟な部分が多々ございます。そのようなときは遠慮なくお叱りください。しかしよい医療ができた時には暖かいねぎらいのお言葉をください。遠慮のないお叱りと、暖かい励ましこそ私ども病院スタッフの最大の成長の糧であり仕事へのエネルギー源です。あくまで地域に根差した、望まれる医療をスタッフ一同めざしてまいりますので、今後とも温かい御支援と御理解を賜りまして、この病院を育てていただければ幸いに存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

病院長 政二 文明